ととのうぐらす

ととのうぐらすの口コミを見ていると、「塗ったとことがピリピリする!」という口コミを発見!

ととのうぐらすに副作用はあるのか、徹底調査してみました!

ととのうぐらすを塗るとピリピリする!?

塗ったところがピリピリした

モニター

初めてととのうぐらすを使った時なんですが、肌が少しピリピリしていました。以前、他の化粧品で肌が荒れたことがあるので、ととのうぐらすはどうかなと思っていたのですが、こちらも合わないのかなとちょっと心配でしたね。2回目以降はなんともないんですが、これからも続けるかどうか迷っています。

肌が赤くなった

モニター

ととのうぐらすを塗った部分が赤くなりました。かゆみなどはありませんでしたが、肌の色が変わると不安ですね…。相性も考えて、最初は少しづつ手に取りながら様子を見るのがよかったかなと思っています。

肌がカサカサになった

モニター

ととのうぐらすを塗ってすぐはしっとりするのですが、朝方になると肌がかさついている時がありました。少し気になるな…という程度だったのですが、使用量を増やしてみたり、ジェルを塗る前に化粧水で保湿するなどで解決しました。娘に使わせたところ、少量でも問題なかったみたいなので、人によるのかもしれません。

実際にととのうぐらすを使ってヒリヒリするか試してみた!

化粧品は肌に合う・合わないが分かれるので、自分でととのうぐらすを使ってヒリヒリしたり、赤くなったりするのか検証してみました。

ととのうぐらすを使ってみた!

私の場合、ヒリヒリしたり、赤くなるようなことはありませんでした!

だいたい刺激が強すぎたり、肌に合わない化粧品は塗った直後にヒリヒリしますが、ととのうぐらすは放置していても異常なしです。

ととのうぐらす

ととのうぐらすの副作用は?

肌への刺激

肌がピリピリしたり、違和感を感じるという人は敏感肌ということも考えられます。

化粧品のとの相性がはっきりと出る人にとっては、刺激が気になる可能性もあるでしょう。

ととのうぐらすは塗ってから洗い流さずにそのまま寝てもよいナイトマスクなので、そこまで刺激の強いものでもないと思いますが、心配な方は、少量を一部に塗って試してみると良いかもしれません。

女性

肌の赤み

肌への刺激と同様に、皮膚のバリア機能が低下している敏感肌の人に起こりやすい症状みたいですね。

実際に刺激を感じなくても、赤くなるということは肌に合わないのかもしれません。

敏感肌の原因には、食生活やストレス、睡眠時間や気候など様々な要因が関係していますが、ととのうぐらすを使うまで症状が出ていなかった人は他の商品を検討するのもありだと思います。

肌のかさつき

肌のかさつきに関しては、元々乾燥肌の人などは気を付けた方が良いかもしれません。

特に冬場などは、湿度も低くなるので、化粧水を塗った後に使ったり重ねて塗ってみて、朝どうなっているのか確認してみることをお勧めします。

 

ととのうぐらすを使ってみた感想

私はなんの異常もなく使うことができました!

おそらく、口コミの方々はととのうぐらすが肌に合わなかったんだと思います。

私も肌が強いわけではなく、肌に合っていない化粧品を使うとヒリヒリしてすぐに異常に気付きますが、ととのうぐらすは問題なく使えます。

ととのうぐらすの安全性は?

ととのうぐらすの公式サイトには、安全性についての説明がありました!

ととのうぐらすは医薬部外品!

ととのうぐらすに含まれているナイアシンアミドという成分は、厚生労働省に効果があると認められた有効成分です。

なので、ととのうぐらすは医薬部外品として承認されています!

ととのうぐらすはGMP認定工場で作られている!

ととのうぐらすは「適正な製造管理と品質管理」が行われている工場で作られています。

つまり、安全な環境で作られているということですね!

ちなみに、GMPとはGood Manufacturing Practiceの頭文字が取られているそうです。

ととのうぐらすの成分を紹介

ととのうぐらすの成分には何が含まれているのか調べてみました!

ととのうぐらすの全成分

(有効成分)ナイアシンアミド
(その他の成分)加水分解ヒアルロン酸、フランスカイガンショウ樹皮エキス、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ツボクサエキス、アルモンドエキス、海藻エキス(1)、プルーン酵素分解物、ソルビット、ライム果汁、ローヤルゼリー発酵液、ローズマリーエキス、オレンジ果汁、コラーゲン・トリペプチド F、レモン果汁、オウゴンエキス、アロエエキス(2)、水溶性コラーゲン液(3)、りんごエキス、グレープフルーツエキス、サンザシエキス、タイソウエキス、ビルベリー葉エキス、ユズセラミド、精製水、1.3ープチレングリコール、トリメチルグリシン、濃グリセリン、グリセリル-N-(2−メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、ポリエチレングリコール・デシルテトラデセス-20・ヘキサメチレンジイソシアネート共重合体、1.2ーペンタンジオール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、クエン酸ナトリウム、クエン酸、ラベンダー油、ローズマリー油、フェノキシエタノール、香料

ととのうぐらすの主な成分

有効成分 ナイアシンアミド

厚生労働省からその効果を認められた有効成分です。

メラニンの過剰生成を防ぎ、コラーゲンを作る機能を活性化させることで、美白や年齢ジワに効果があると言われています。

CICAケア美容成分 ツボクサエキス

WHO(世界保健機構)が「21世紀の驚異的な薬草」と認めた世界的に注目されている薬用植物です。

CICAは再生能力を高め、脂質やタンパク質の合成を助ける成分なので、様々な肌のトラブルに対応しているとされ、美肌作りを手助けしてくれます。

肌リズムサポート成分 フルーツコンプレックスエキス

7種類のフルーツ由来から得られるコンプレックスエキスは古い角層に働きかけることで、新陳代謝を促進する効果があります。

つまり、ととのうぐらすを使って夜寝ている間に、肌の生まれ変わりが活発になっているということですね。

うるおいサポート成分 発酵ローヤルゼリー

蜂は蜂でも、女王蜂からしか得られない希少エキスです。

女王蜂の寿命延長の理由とされる「ローヤルゼリー」を乳酸菌で発酵させているため、従来のローヤルゼリーに比べて高い効果が期待できます。

ととのうぐらすの危険な成分

どの成分を見ても、特に危険な成分は含まれていませんでした。

代表的なアレルギー成分(卵や小麦粉など)も含まれてはいませんが、中には特殊なアレルギーをお持ちの方もいるので、各自で確認するようにしてくださいね!

ととのうぐらすの正しい使い方

ととのうぐらすオフィシャルの使い方

ととのぐらすの公式が公開している使い方をご紹介します。

  1. 適量を手に取り、顔全体に優しくのばします。
  2. 乾燥が気になる部分には特にたっぷりとなじませてください。
  3. しばらくするとジェルが肌になじみます。
  4. 洗い流さずにそのまま就寝。

注意すべきととのうぐらすの間違った使い方

注意1 汚い手で触っちゃダメ!

ととのうぐらすには形状記憶機能があり、崩れたジェルの形状は元に戻りますが、ジェルが新品に戻るわけではありません。手で取る時は清潔な手で使うように注意してください!

注意2 洗い流しちゃダメ!

ととのうぐらすは塗った後、洗い流さずにそのまま寝ることで肌のケアができるナイトマスクです。なので、寝る前に洗い流すなどはしないように注意してください!

洗い流してしまうと、効果がありません。

注意3 寝る直前に使うのはダメ!

だからといって寝る直前に塗ってしまうと、ジェルが枕などの寝具についてしまう可能性があるので、そこも注意が必要です!

ととのうグラスのおすすめの使い方

Point 1 小さいスプーンなどを使う

ととのうぐらすの品質を保つために、素手での使用は避けて、小さなスプーンなどを使うことをおすすめします。

家に小さなスプーンがない場合は、コンビニやスーパーなどでもらえるプラスチックや木のスプーンを使うと便利ですよ!

Point 2 寝る20分前くらいに使う

個人的におすすめなのが、寝る20分前にととのうぐらすを塗る方法です。

ととのうぐらすを塗ってからは、スマホを触ったり、歯磨きをしたり、家事をしたり、それぞれ寝る前に済ませることをやって、ジェルが十分に肌に馴染んだら就寝。

この方法がもっとも効率的だと思います!

〜まとめ〜ととのうぐらすに副作用はあるのか!?

ととのうぐらすに副作用はなかった!

実際に自分でととのうぐらすを使ってみても、副作用のようなものは感じませんでした。

合わない化粧品を使ったときのようなピリピリもありませんでしたし、肌が赤くなるようなこともなく、安全に使用することができました!

安全が証明されたととのうぐらす

今回調べていく中で、ととのうぐらすの安全性を証明する3つの要素を知ることができました。

  1. 医薬部外品認定
  2. GMP認定工場で製造
  3. ◯つのフリー

効果の認められた成分を配合していて、安全な工場で作られ、余分な添加物などは排除されている、安全で安心なナイトマスクです。

ととのうぐらすの成分

ととのうぐらすには特に危険な成分は使用されていませんでした。

一般的によく含まれている卵や小麦などのアレルギー成分も含まれていません。

逆に、公的に認められた成分や自然由来の成分など、安全で優秀な成分が含まれていることが分かりました!

ととのうぐらすの正しい使い方

ととのうぐらす

  1. 適量を手に取り、顔全体に優しくのばします。
  2. 乾燥が気になる部分には特にたっぷりとなじませてください。
  3. しばらくするとジェルが肌になじみます。
  4. 洗い流さずにそのまま就寝。

注意

  • 汚い手では触らない!
  • 洗い流しちゃダメ!
  • 寝る直前に使うのはダメ!